作曲家 石山理のブログです 2017.04.27.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

おとづくり               11.12.27

ひとつ嬉しいニュースが飛び込んできた。
来年7月1日から29日にシアタークリエで上演される藤山直美さんと高畑淳子さん主演、田村孝裕さんが脚本と演出の舞台『ええから加減』の音楽に推していただいていたのだがそれが正式に決定した旨の連絡をいただき、今日は急遽その制作スタッフの方々と顔合わせ&忘年会に参加して来た。プロデューサーや演出の田村さんとも色々とお話をさせていただき相当なプレッシャーを感じてしまったがこれはものすごくやり甲斐のある仕事になりそうだ。

田村さんは劇団ONEOR8を主宰されており、これまでも数多くの舞台演出を手がけていらっしゃる若手作家の有望株。そこに藤山直美さんと高畑淳子さんですよ。これは面白くないワケがない。そんな思いで戴いた仮台本を読んでみたのだがやはりこれは抱腹絶倒&号泣間違いなしですわ。気の利いた音を入れられるように色々考えなくちゃな。とは言いながらも…。

「音楽を入れる」ことが仕事なんだけれど、実はお芝居に音楽を入れるのは昔からあまり好きじゃなかったりするのだ。大雑把な言い方になるが、例えば2時間の芝居で10曲とかになるともう「多すぎる」と思ってしまう。ま、作品の内容にもよるが、事務的音楽(と自分では呼んでる場転などでの音楽)はある程度仕方がないとしても、本編上のBGMが色々入っている芝居はちょっと苦手だ。しかも、悲しいシーンだから悲しい音楽を、激しいシーンだから激しい曲を、というのも実は好みじゃなかったりする。基本的にはテーマ曲がひとつあれば良いと思うし、進行上必要な箇所はそのバリエーションで対応した方がスマートだと思う。いかに効果的に音楽を使うか、存在感を出すか、芝居を生かすか、そういうことを考えると極力音楽はない方がいいのだ。

今回の演出家の田村さんもそういう考えの方のようで親近感が思い切り湧いてしまった。役者の力だけで十分見せられる、そんな豪華な役者さんたちが揃ったからこそできることではあるのだろうけれど。あとは見ている方の手助けになるような補助的な音楽をどの程度使うか、といったところかな。いやー、いまから楽しみでありますよ。しかも今回は生楽器を沢山使って贅沢に音楽作りができそうだしね。

演出家のOKが出れば入れたい楽器がある。
色々実験的なこともさせてもらえたら更に楽しいんだけど。
どーなりますことやら。
乞うご期待。
d0135694_2253543.jpg

by studio-junosam | 2011-12-27 23:59 | DIARY | Comments(2)
Commented by となり道 at 2011-12-28 11:17 x
来夏はシアタークリエですか!
おめでとうございます。
お芝居での音楽、素人なりにも同感です。
控えめでありながらここぞという場面でキラリと光る音楽を楽しみにしています。
でも、シアタークリエは高いものんねぇ。
役者が揃っているから当然ですけど。(^^ゞ
Commented by studio-junosam at 2011-12-28 21:53
ありがとうございます。
楽しみたいと思います。

料金はね、そこがね、難しいところなんですよね。
なんとも(^^;;