作曲家 石山理のブログです 2017.12.10.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

みちのたび               12.02.09

初めての胃カメラ。
実は数週間前からお腹周りの具合がよろしくないので掛かり付けの先生とも相談した結果「この際だから全部調べましょ」ということになって先日から血液やら便やら色んな検査をやっており今日はその検査シリーズの最後の項目の胃カメラだったのだ。

「喉に麻酔をするだけのやり方だと意識がある状態なので実際に映像を見る事ができますよ」
「鎮静剤を注射すると意識がなくなるので眠っている間に検査は終わりますよ」

ということだったので、当然前者を選択する事に。その場合は多少の嗚咽感はあるとのことだったのだが、自分の体内を生中継してくれるそんな貴重な機会を逃すわけにはいかないし、万が一何かが見つかった場合は自分の目でそいつを確かめたかったのでそのくらい我慢しなくては。

マウスピースをくわえさせられ、いよいよカメラは口の中へすすーっと。覚悟していたよりも割と楽にカメラを飲み込む事ができ無事に未知なる世界への冒険が始まったわけだ。食道は考えていたよりも意外にのぺっとしているものなのね。もう少しゆっくり観察していたかったのだが期待に反してカメラは早々にその奥の胃へ。胃の側面をぐるっとひと回りしたかと思えば向きを180度回転させて今通って来た食道を映し出した時にはちょっと感動。なんという見事なカメラワーク。食道の中にカメラの管が通っているのもよくわかるんだよな。このアングルのまま食道を通過して喉までくれば口の中から外界を見るというものすごい映像が撮れるんだろうなー。なんて事を考えていたらカメラは更にその奥の十二指腸の入り口付近に到達。胃と十二指腸の境にある壁(なんていうか忘れちまった)をもはっきりと映し出しその位置でもカメラはぐるっとひと回り。ありとあらゆる壁を調べ回るので時々お腹がチクチクするのだが、その程度の痛み(とは言わないな)だけで全く苦痛がないのに感心していると、カメラは徐々に後退を始め今来た道をゆっくり戻ってきてものの数秒で体外に出てしまったのだった。あれれ。意外に早く終わっちゃうのね。

もう少しゆっくり見たかったと告げると「何言ってるんですか。早く終わるという事は何にもないという事ですよ」と言われ、なるほどと納得。更に今回は組織を取って検査をしなくてもいい「立派な胃」だと褒められ「奇麗な色ですね」とまで言われる有様。その後の診察で血液も便も全く異常がないと告げられ「あなたの年で全てこれだけ立派な数値が出るのは珍しい」と。よかったよ。素晴らしき健康体のようだ。

色々危惧していたここ数日であったが今日のこの結果でひと安心だ。
よし。安心して無理して仕事ができる。
で、久々にステーキ&ビールだー。
d0135694_23192461.jpg

by studio-junosam | 2012-02-09 23:19 | DIARY | Comments(1)
Commented by となり道 at 2012-02-12 13:58 x
口から入れる胃カメラをすんなり飲み込めたとは凄いです。
私は苦しくて苦しくて。(^_^;)
鼻から入れるタイプだと随分と楽なので、今後はそちらじゃないと嫌ですね。
それはともかく、全て健康で良かったです。
これからバリバリと仕事に精を出せますね。(^^)v