作曲家 石山理のブログです 2017.08.15.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

想像力

朝方は涼しいのを通り越して少し冷んやりだ。今朝は薄い肌がけ1枚だとちょっと心細い感じだった。この時期にそんな風になるなんてたまったもんじゃない。夏よ、そろそろ本気出してもいいのよ。
d0135694_23473391.jpg
今ネットとかで、相手に突然電話をかけるのを良しとするか否か、みたいな話題が持ち上がってるね。自分の時間を強制的に奪われる電話は悪だ、全てメールで済む話、とまで言い出す人もいたりして。せめてかける前にメールとかで「いまからかけるけどいい?」みたいなやりとりをすべきだという人も。それに対して、電話は突然かけるもの、とか、それが電話というもの、出られなきゃ出られないで仕方ない、という意見もあったり。

自分は、もちろん相手を選んで対応するが、どちらかと言うと後者に近い意見かな。それでも前者の「他者の時間を遮ることになる」という意見もわかるので、(携帯にかける場合は)ルールとして4、5回コールして出なければ切る、ということにしている。相手は電車の中にいたり仕事中で出られないかもしれない状況だと推測して、それ以上鳴らし続けるのは迷惑かも、と思うから。後で着信に気がついて折り返しの電話をもらえるかもしれないし(その場合は一度切ってこっちからまたかけ直すけど)、電話をもらえなかったらメールなんかで大まかな趣旨を伝えどうしても話したい旨を伝えてかけ直すとかしてる。

あ、最初に言い忘れた。
もちろんメールで済む内容だったら初めからそうしてるので、これは「電話の方が話が早い」「直接話さないと真意が伝わりにくい」「声が聞きたい」「話をしたい」などなどの理由があっての場合。

とここまでがながーい前置き。
で、何が言いたいかというと、今日まあまあ混んでる電車に乗ってる時に電話をもらったんだが、当然出られなかったのでそのままにしてたら1分近くも着信のバイブが止まないという状況になった。出られれば出て「電車なう、かけ直す」的な事を言えるのだがどうにもこうにも体を動かせない。そのうちに止まったのでホッとしてたらすぐまた同じような長い着信がこの後4回も立て続けにあったのだ。

まあ、こっちが痴漢の冤罪を覚悟して(そんな覚悟したくはないが)無理やり手を動かしポケットから携帯を出しメールを打つなりして状況を伝えれば良いのだろうが、その前に、かける方はそのあたりの想像力をもっと働かせても良いんじゃないか、いや、働かせるべきではないかと思うのだ。相手の状況を想像してから電話をかけるorかけないを判断して、相手が出なかったら(仕事の場合《出られない》時の方が圧倒的に多いと思うが)時間をおいてかけ直す、みたいな判断をするべきだと。

これだけ頻繁にかけてくるんだから何か緊急の案件だろうと電車から降りて慌ててすぐかけ直したんだが、「それはこの前も散々話をして◯◯に決まりましたよね」「それは自分ではなく◯◯さん担当です」というような緊急でも重要でも全くない内容。こういう事があると「電話は悪だ」と言いたくなるが、電話ではなく使う人の想像力の欠如に問題があるという事なんだよね。どんな状況でもそうだと思うけど、想像力こそが一番大事な思いやりだと思うわけだ。

言うほどできてないと思うけど、意識するだけでちょっとは違うかなー、と自戒をこめて。

農家さんの畑ではかぼちゃがそろそろ収穫を待ってる。ここのかぼちゃは甘くて柔らかくて美味いんだよなー。早くスタンドに並ばないかなー。
d0135694_12141377.jpg

by studio-junosam | 2017-08-03 23:59 | DIARY | Comments(0)