作曲家 石山理のブログです 2017.12.10.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

さすがだと思う

おはよう伊豆高原。
今年一番の寒さを毎日更新し続けていてものすごい勢いで冬に向かって加速しているようだ。ずっとホテル内に留まっているので実感はなかったけど、今日の伊豆も一日中雨降りで寒さも師走並みだとか。
d0135694_00301835.jpg
館内はあちこちクリスマス仕様になってて師走感を更に煽ってくれてたり。
d0135694_00393454.jpg
今日はアトリエ公演を観せていただいた。例年は事前に台本もいただき、稽古やゲネプロも観せていただいた後に観劇するのだが、今年はタイミング的な事情などもありそれらの前情報は全くなして観ることになった。つまり、普通のお客さんとして先入観も何もなして観れるという貴重な体験ができたわけだ。

若い方々が精一杯作っておられる作品は清々しく心強くて面白い。春の本公演に向けてこれから多少の手直しと追加があるようだが、それには自分も参加させていただくのでまた一から作り上げていければと思う。しかし、限られたスペースと時間ででき得る最大限のことを成立させているのはさすがゆーりんプロ魂。20年以上の実績は嘘をつかないということなんだと思う。
d0135694_00522823.jpg



by studio-junosam | 2017-11-18 23:59 | DIARY | Comments(0)