作曲家 石山理のブログです 2017.09.13更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

卒業                       10.03.24

卒業式での歌と言えば『蛍の光』『仰げば尊し』と相場が決まっていると思っていたのだが、これらの定番ソングも最近ではあまり歌われなくなっている傾向にあるようだ。実際に今日の式でもこの2曲は歌われず、ここ数年の新定番とも言うべき『旅立ちの日に』がメインで歌われていた。

この歌、何度か聴いたことはあるのだが歌詞もメロディーもとても素直で聴きやすいし歌いやすい。もっと言えば子供の声質、歌い方に相当合致しており、数ある合唱曲の中でも類いまれな性質を持った素晴しい楽曲であると思う。こんな歌を卒業式で歌われた暁にはもう涙腺が大変なことになってしまうだろうとの予想通り今日はとんでもないことになってしまったのは言うまでもない。

91年に秩父市立影森中学校の校長でいらした小嶋登先生によって作詞され、音楽教諭の坂本浩美先生が曲を作られた楽曲。自校のオリジナル合唱曲であったその曲の素晴しさが話題となり周りの中学校でも歌われ出し全国に広がっていったという珍しい「経歴」を持った名曲なのである。純粋な気持ちで制作され長い年月をかけて熟成されて市民権を得ていったこうした歌ほど力のある歌はないとつくづく感じる。

今日は生憎の天気ではあったが、それぞれが小さいけれどしっかりとした一歩を踏み出した大きな日となった。サッカー選手、学芸委員、国連職員、細菌学者、誰にでも優しくなれる人…。
なりたい大人になれるようにがんばれ。

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り この広い大空に 夢を託して

卒業おめでとう。
d0135694_22265583.jpg

by studio-junosam | 2010-03-24 22:27 | DIARY | Comments(2)

腕の見せどころ                  10.03.16

とある場所にある昔よく使っていた隠れ家的喫茶店。
わけあってここしばらく行かなくなっていたのだが、先日の打ち合わせで偶然にも連れて行かれた。 店の雰囲気も味も無愛想な店員も何ひとつ変わっておらず当時の記憶が鮮明に蘇ってきて懐かしくなってしまった。今後も仕事で近くまで行くことが多くなりそうなのでたまには覗いてみようと思う。

上海万博で上映される3Dアニメ『ミレニアム・ベイビー』のアフレコも先日無事に終わった。来月のダビングに向け映像的にはこれからまだ若干の編集はあるようだが定尺がほぼ出来上がっているので音楽と音響的にはこれからが本番、そして怒濤のラストスパートに突入していく。

手持ちの音源を場面場面に当て込んでいくテレビアニメの制作とは違い、今回はタイム的にも雰囲気的にも映像にビッシリ合った音楽を作っていくことになる。本来であるならそうした音楽制作を行う場合はそれ相応の時間を設けてもらえるものなのだが悲しいかな今回は驚異的に時間が少ない。ダビングの予定が延びたと言えども、わずか3週間足らずで30分アニメの音楽を全て作ることになる。

これからしばらくは精神的、体力的にもかなりキツい作業が続くことになるのは必至だが、相当やりがいのある楽しみな3週間であることも事実なのだ。監督のリクエストもストーリーの全体像もより明確になった。あとは1日1曲のヘビーワークを楽しむだけである。

フフフ、腕の見せどころだ。
d0135694_19202641.jpg

by studio-junosam | 2010-03-16 20:28 | DIARY | Comments(0)

開店間近                     10.03.08

先日、ホームページ用の写真撮影に行ってきた。
先週は雨続きだったので予定通りにできるか心配だったのだが、前日までの雨が嘘のように雲ひとつなく晴れ渡り予想以上に素晴しい写真を数多く撮っていただいた。撮ることはあっても被写体となる機会がなかなかない自分にとっては貴重な経験であった。しかしながらカメラを向けられると尋常じゃないくらいのヘン顔になってしまうのは何故だろう…。

ホームページでは自分の作品を視聴できるようにするつもりなので、今まで作った膨大な音源から「これぞオレ!」的な楽曲を選び出すべくここしばらく暇を見つけては作業してきた。自身で印象深い曲、忘れてしまっていた曲、決して世に出せない稚拙な曲、相当数の楽曲に改めて驚かされてしまった。ここしばらくは年間で100曲程作っているが、こうして聴いてみるどれもこれも自分の分身であるのだから愛おしくてたまらない。

苦悩の末、視聴用に用意したのは選りすぐり(?)の6曲。第一弾としてはバリエーション豊富に用意できたのではないだろうか。ピアノ曲、アコギ曲、バンド曲、フルオケ曲、多種多様にあれこれ色々取り揃えてみた。コイツの音楽のジャンルは何なんだろう?と思わされる6曲。公開までしばし待たれよ。

今週は外に出る日が多くなりそうなのだがそういうスケジュールの時に限って天気が悪いようだ。花粉症の身としてははありがたくもあり、やはりありがたくもなし。せめてスタジオ作業中に快晴になるなんてことだけはやめておくれよ。

そろそろ海に行きてーな。
d0135694_101045.jpg

by studio-junosam | 2010-03-08 01:03 | DIARY | Comments(6)

春がやってくる                  10.03.04

我が家の庭のふきのとう。
タヌキに食べられる前に今年も天ぷらにしてしっかり食させていただいた。例年にくらべ多少小ぶりではあったけれどしっかりした春の味。年に一食限りの春の幸を存分に味わった。

この1ヶ月、色んな案件が早いスピードで次から次に具現化してきている。
「2つ先の仕事に繋がるような動き」
「周りを巻き込んでの大きなうねりを持った動き」
このところこの2つを意識しながら具体的に動いていたのだが、こんなにも早く結果がついてくるとは思わなかったので多少戸惑い気味ではある。頭も体も忙しいけれどひとつひとつ丁寧に対応していこうと思う。

その中のひとつにアニメ音楽の仕事がある。
今年の5月から開催される上海万博で上映される3Dアニメだ。
監督は『ネギま!』や『真救世主伝説 北斗の拳:第四部 トキ伝』などで知られる静野孔文氏。こうしたビッグネームの方と一緒に仕事ができるというのはとても幸運でありがたい限り。今の自分に足りないものを見つける良い機会でもあるししばらくはこの仕事にかかり切りでいこうと思っている。

その作品のテーマ曲を盟友・水野里香と作った。
地球環境に警鐘をならし未来の子供たちへのメッセージを持った曲。今回は俺には珍しく曲先で作業を進めたのだが、これが幸いしたようで後から乗っけた彼女の詞の世界観もこちらの期待以上によろしく満足のいく仕上がりとなった。それに加え彼女の歌唱力も相変わらず素晴らしく思っていた以上の壮大な曲が出来上がってしまった。

色んなものが新しく色づいてくる季節である。
今まで温めてきたものもそろそろ開花させる時期であるな。
機は熟した。
d0135694_2092032.jpg

by studio-junosam | 2010-03-04 20:14 | DIARY | Comments(4)