作曲家 石山理のブログです 2017.11.18.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

<   2011年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おさめのひ               11.12.31

納めの日。

今年は本当に色々とありました。
色々と考えさせられました。
と同時にモヤモヤしていた部分がクリアになったりもしました。

お陰さまで体だけは頑丈であちこち動き回れた一年。新しい年になっても元気なヤツが元気にしとかないと。

来年も暴れます。
今年以上に暴れ回ります。

今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えくださいませ!
d0135694_23235746.jpg

by studio-junosam | 2011-12-31 21:49 | DIARY | Comments(0)

もうふぶき               11.12.30

今回の帰省ではいつものような動きはできない感じなのだが、それでもやはり一度くらいは強引にでも滑っておかないと。ムスメたちも楽しみにしていることだし。ということで行きましょ、スキー。

今日は朝から雪。下(山形市内)がこんな感じなら上(蔵王スキー場)は間違いなく吹雪いているだろう、と覚悟をして車を走らせた。途中少し晴れ間が見えていたのでもしかしたら上は晴れているかも、と期待をしながら向かったのだが、まあ蔵王はそんなに甘くはないですな、結局何年ぶりかの荒天にたたられてしまったワケだ。

とにかく横なぐりの風雪が容赦なく吹き付けてくる。わずか500メートル、所要時間約5分のリフトに乗っているだけで体中に雪が付着し人間雪だるまが出来上がってしまうし、滑っていてもその状況には変わりなく、滑り終わる頃には真っ赤なウェアーが真っ白になってしまうほど。ありぁあ寒いなんてもんじゃないね。

実は蔵王は晴れる日が少なくて有名なスキー場でもあるのだ。蔵王ではほぼ毎年滑っているが、スキー歴40年でこれまで快晴の蔵王を経験できたのは10回あるかないか。あとは曇りか雪。しかも激しい雪ね。なので、どうしても<蔵王でスキーをする=吹雪に耐える>という意識が離れないのだな。

今日はそんな期待(?)に見事に応えてくれた形になってしまったのだが、ムスメたちはそんな天候までも含めきゃーきゃー言いながら楽しんでいたようだった。

滞在中にリベンジできるかな、と思い週間天気予報を見てみるとどうも帰京予定日の1日なら何とか晴れそうなのだ。どうしよう。午前中だけでも滑ってから帰ろうかな。迷うー。

朝早くから雪と戯れた一日。
さすがにくたびれた。
日付をまたがずに撃沈である。
d0135694_23193947.jpg

by studio-junosam | 2011-12-30 23:59 | DIARY | Comments(0)

ひいてやる               11.12.29

やばい。確実に食べ過ぎてる。何の運動もせず勧められたものをこのまま食べ続けるとヤバイことになるとわかってはいるもののこれがなかなかやめられない。久しぶりに口にする田舎料理の数々、胃袋をはじめ関係各所をフル稼働させ対応している現状だ。あと3日、予定の品々を何とか全てクリアできるようにがんばらねば。

今日の山形は時折雪が舞うものの一日曇り。両親は雪が降らないことを当然喜んでいるが、ムスメたちにしてみればこちらも当然消化不良。特に「毎朝のランニングの代わりに雪掃きをする」と気合が入っている上のムスメにしてみれば有り余る体力の発散どころがなく困っている様子だった。仕方がないのでスノーダンプとソリを渡し公園に坂を作って遊んで来いという指令を出してやったら1時間後には見事なソリ用の滑り台を完成させ遊んでおったよ。なんとも元気な我が子だこと。参りました。仕方ねぇ。明日は山に連れてってやるか。

実家に帰ってくると毎回必ずやることがある。それは普段は見向きもされず放置されているビアノを弾くこと。もう何年も調律していないので鍵盤は重たいしチューニングはおかしいし鳴らない音はあるしまあ使えないシロモノなのだが、それでもやはり年に二度ほどは鳴らしてやらないと、しかも思い切り強く叩いてやらないとコイツに申し訳なくてね。

中学生の頃に独学で始めたピアノ。初めて弾けるようになったのはなんとアリスの『帰らざる日々』だった。「Dmは<レ・ファ・ラ>なんだ!じゃあギターで弾くように和音を分散させて弾けば弾けるかも!」みたいなことを思っていたことをハッキリと覚えている。音楽理論に興味を持つキッカケを作ってくれたのもこうして始めたピアノのお陰だし。

そう考えるとこの場所はやっぱり自分の原点なんだよなー。なんてことをね、なんかしみじみ思っている年の瀬でございますよ。
d0135694_23185935.jpg

by studio-junosam | 2011-12-29 23:59 | DIARY | Comments(0)

さとがえり               11.12.28

雪深い山を越えてやっとこさ帰ってくるから味わえる古里のありがたみかな。

狭軌の山形新幹線が開通して18年。開通当初こそ歓喜しその利便性を声高らかにアナウンスしていたものだが、その後全国各地で計画されていた現存の在来線をそのまま利用するスーパー特急やフリーゲージ新幹線、山形新幹線同様の狭軌新幹線などが次々とフル規格の新幹線へと格上げ建設になっていくのを横目で見ていると、山形・秋田両新幹線だけが完璧にお茶を濁された格好になってしまったのをまじまじと痛感させられる。識者の話では福島~山形間にフル規格の新幹線を建設した場合はその所要時間は約20分。現在の1時間強から考えると夢のような数字だ。あの時にミニ新幹線で妥協さえしなければ東京~山形が最短で2時間、なんてことも可能になっていたのかもしれない。

それがいいとか悪いとかという話ではなく、そんなことを思いながら帰省してきたわけだが、冒頭にも書いた通り、ある程度の困難を乗り越えて(まあ実際そんなにオーバーなことではないが)帰省するというのなかなか乙なもんだと思ったりもしているのだ。やはり冬の帰省は趣きがあってよろしい。北国が古里でよかったと思う瞬間だな。ん~、演歌やねぇ~。

さて今回は諸々の事情により1日には東京に帰らねばならない。いつものようにゆっくり温泉&思いっきりスキーというわけにはいかないが雪の山形をそれなりに味わいたいと思っている。
まずは明朝の雪掃き、だな(^^;;
d0135694_2318920.jpg

by studio-junosam | 2011-12-28 21:19 | DIARY | Comments(0)

おとづくり               11.12.27

ひとつ嬉しいニュースが飛び込んできた。
来年7月1日から29日にシアタークリエで上演される藤山直美さんと高畑淳子さん主演、田村孝裕さんが脚本と演出の舞台『ええから加減』の音楽に推していただいていたのだがそれが正式に決定した旨の連絡をいただき、今日は急遽その制作スタッフの方々と顔合わせ&忘年会に参加して来た。プロデューサーや演出の田村さんとも色々とお話をさせていただき相当なプレッシャーを感じてしまったがこれはものすごくやり甲斐のある仕事になりそうだ。

田村さんは劇団ONEOR8を主宰されており、これまでも数多くの舞台演出を手がけていらっしゃる若手作家の有望株。そこに藤山直美さんと高畑淳子さんですよ。これは面白くないワケがない。そんな思いで戴いた仮台本を読んでみたのだがやはりこれは抱腹絶倒&号泣間違いなしですわ。気の利いた音を入れられるように色々考えなくちゃな。とは言いながらも…。

「音楽を入れる」ことが仕事なんだけれど、実はお芝居に音楽を入れるのは昔からあまり好きじゃなかったりするのだ。大雑把な言い方になるが、例えば2時間の芝居で10曲とかになるともう「多すぎる」と思ってしまう。ま、作品の内容にもよるが、事務的音楽(と自分では呼んでる場転などでの音楽)はある程度仕方がないとしても、本編上のBGMが色々入っている芝居はちょっと苦手だ。しかも、悲しいシーンだから悲しい音楽を、激しいシーンだから激しい曲を、というのも実は好みじゃなかったりする。基本的にはテーマ曲がひとつあれば良いと思うし、進行上必要な箇所はそのバリエーションで対応した方がスマートだと思う。いかに効果的に音楽を使うか、存在感を出すか、芝居を生かすか、そういうことを考えると極力音楽はない方がいいのだ。

今回の演出家の田村さんもそういう考えの方のようで親近感が思い切り湧いてしまった。役者の力だけで十分見せられる、そんな豪華な役者さんたちが揃ったからこそできることではあるのだろうけれど。あとは見ている方の手助けになるような補助的な音楽をどの程度使うか、といったところかな。いやー、いまから楽しみでありますよ。しかも今回は生楽器を沢山使って贅沢に音楽作りができそうだしね。

演出家のOKが出れば入れたい楽器がある。
色々実験的なこともさせてもらえたら更に楽しいんだけど。
どーなりますことやら。
乞うご期待。
d0135694_2253543.jpg

by studio-junosam | 2011-12-27 23:59 | DIARY | Comments(2)

おしせまる               11.12.26

さむいっすね。
東京の今朝は今年一番の冷え込みで気温が1度。これは都心の気温であるからおそらくこの辺りはマイナスになっていたのであろうな。こうも寒いと自転車に乗る気も萎えてしまう。いやいや、チャレンジはしてみたのよ。でもね今日は初めて心が折れてしまったよ。まあ、昼過ぎくらいからは気温も上がりだしたので乗れたと思うのだが、今日は午前中の早い時間から外出してしまったために仕方なしといったところかな。

今日から色々と具体的に今年の締めの作業。
ま、簡単にいえば掃除、買い物、借りてた物を返して、そして大事な請求書作成。慌ただしく動き回った一日だったが、毎年のこのバタバタ感が実はたまらなく好きだったりするのだ。昨日TSUTAYAでCDとDVDの1週間レンタルをした時に「元日までに返却してください」と1週間後が元日だと思い知らされそのバタバタ感が加速してししまったし、クリスマスが終わり今年のタイムリミットが迫ってくるのを具体的に感じ始められるこの時期の「新年に向かうぞー!」的なこの雰囲気が大好きなのである。

さて、まずは一番苦手な掃除から手を付ける事にしましょうか。と体を動かすも相変わらず掃除下手、整理下手な自分はわずか6畳ばかりの仕事部屋を片付けるのでさえヒーヒー言う始末。片付けているのに片付かない。なんでだろ。理屈は完璧なのよ。掃除=捨てる事、整理=捨てる事。そういうことはわかっているし実践もしているのだがなかなか物が片付かない。おそらく機材のケーブル類が視界に入っているからなんだろうとは思うのだがこればかりはどうしようもない。まとめてなるべく見えないところに押し込んでいるのだが、キタナイ。それと「このスケッチは取っておいた方がいいかもしれない」という譜面類。何曲も同時に作っているもんだから全てを譜面入れに入れてしまうのも非効率的な気がして「整理して」出しっ放しだし。どーしたらよいものやら。

そーだそーだ。それから年賀状だ。
毎年デザインに苦労してしまうのでそれだけで疲れ果ててしまうのだ。
なんだなんだ、やることがまだまだあるじゃねーか。
あー、ちくしょー!やっぱ年末は忙しくて大好きだぜぃ!
d0135694_042187.jpg

by studio-junosam | 2011-12-26 23:59 | DIARY | Comments(0)

ゆずりあい               11.12.24

このところ朝が起きられない。
ここ2週間ほどの強行スケジュールの疲れがどばーっと出ているせいであるのだろうがそれにしても起きられない。仕事納めもしたので気持ち的にも緩んでしまったのであろうな、今日も午前中ギリギリでの起床となってしまった。まあよい。この際だ。寝溜めしてやろう。

今日はお昼から入院中の師匠を見舞って来た。「良く覚えてはいない」と言いながらも覚えている限りの状況を話してくれたのだが、ほんと生きててよかったね、だ。思ったよりも長めの入院になりそうだがこの際諦めてちゃんと治してから出所、いや退院するように。

交通法規を遵守し交通マナーを重んじている彼ですらこうした事故に遭ってしまうのだ。
自分も今まで以上に気をつけなければ。

しかしながら今日の都内は渋滞がすごかった。師走、連休、クリスマスイブなど色んな要素が重なってしまったからなのだろうが、道という道が車であふれかえっている。運転している人は全く動かない状況に当然気が立ってくるだろうし、少しでもマナーの悪い車があったりなんかするとその気分は限界になってくるのはわかるが、やたらにクラクションを鳴らしたり怒鳴ったり幅寄せしたり、新宿〜原宿間の明治通りは地獄絵図のようであった。

これまでも薄々は気がついていたが、自分も自転車に乗るようになってから様々な交通ルールの矛盾やいい加減さ、人々の意識の低さのようなものを強烈な勢いで見せつけられている気がする。特に「我れ先」の意識が(無意識なのか?)ひどすぎる。車の場合だと車線変更などでの合流、信号が黄色になってからの強引な交差点への進入などが最たるもので、他にも「決して譲るまい!」的な運転をしている輩が多すぎる。そんなに急いだって3分と変わらないのに。歩行者、自転車にいたっては信号無視は当然、交通弱者をいいことに道幅一杯に広がって歩いてみたり、一方通行を我が物顔で逆走して来たりとこちらも自分優先やりたい放題。特に無灯火で車道を逆走(右側通行)してくる自転車なんかに出くわすと本気で首を絞めてやりたくなる。

確かに行政が実質的、現実的な交通ルール作りをしていないのは問題だが、それ以前に一人一人の意識の低さの方が極めて問題だと思う。「自分がされたら嫌な事」をしないだけでも交通マナーは相当改善されると思うし、更に言えば「こうしてもらったら嬉しい事」を実践して行けば交通法規なんて作らなくてもいいんじゃねーの?と思うわけだ。

狭いニッポンそんなに急いでそこへ行く。
せわしない年末ですがもう少しだけ余裕を持ってみませんか?
d0135694_11445084.jpg

by studio-junosam | 2011-12-24 23:59 | DIARY | Comments(0)

くらんぶる               11.12.23

思い切り寝坊。自転車に乗るどころかリハの時間にすら間に合わない感じでの起床となってしまいました。持っていくものの準備もしていないし、用意する物もまだしてないし、かなりバタバタで出かけることになったんですが、これで良く忘れ物をしなかったなと結果オーライかしら。

さて今日はAriesとmasa2setsのクリスマスライブ@ナルコカフェ。
昼の部も夜の部も大勢のお客さんに来ていただき感謝感謝。更においしい食事&デザートをご用意いただいたオーナーさんにも大感謝。まさかデザートに一番人気の<おイモのクランブル>を出していただけるとは思わなかったし。更に更に今回一緒にやってくれたmasa2setsにも感謝です。ライブ慣れしている彼らと一緒にできるというのは非常に勉強になりますし、ライブの進行上においても相当助けていただきましたし。次回も懲りずにまたよろしくっす。

小さな空間でやるライブはありえないくらいお客さんが近いところにいらっしゃるワケでございます。いやほんともうフレットを押さえてもらえそうなくらいの距離なのですよ。これだけ近いと相当緊張するのではと思いきや、逆に近すぎていい意味で開き直れると言うか、一緒に歌いましょうよ的なアットホームな雰囲気になれるもんなんですね。ライブを観に行く立場になった時でも個人的には狭くて小さな箱の方が終わった後の満足感は大きいように思えますし。そういう意味でもこの場所では今後も定期的にライブを重ねていきたいと思ったりするワケでございます。

更に嬉しい事にみなさんがCDをお買い求めになってくださいまして持って行った分がほぼ完売してしまいました。まさかそんなに買っていただけるとは思っていなかったのでこれは予想外の展開でびっくり。「2枚目は出さないんですか?」と嬉しいご質問まで。いやいや、1枚目ができたばかりなので来年中にはなんとかもう1枚出したいところでございますよ。

さてさてこれで今年のライブ活動も終了。今年は年頭に考えていた以上にライブをやった一年になってしましました。特に意識してそうなったワケではないので、おそらく、今はそういう活動も積極的にやっていくべき時なのではないかと解釈しております。来年もおそらく「なるように」なっていくことでしょうし、やりたくなったら周りの迷惑顧みず突っ走ってしまうことと思われます。

いやー、楽しいライブでございました。
d0135694_015736.jpg

by studio-junosam | 2011-12-23 23:59 | DIARY | Comments(0)

しーでぃー               11.12.22

昨晩のレコーディングも無事に終わりまして今年の仕事はこれにて終了。
いわゆる仕事納めでございます。
まあ、明日のライブや打ち合わせを兼ねた忘年会などはございますが、何はともあれ仕事らしい仕事は終了でございます。さーて、クリスマスも近いことですし、しばらくは遊ぶことにします。

というところでの明日のクリスマスライブ@ナルコカフェはおかげさまで昼の部も夜の部も完売いたしました。ご予約いただいた皆さんありがとうございました。明日はどうぞ楽しんでくださいませ。しかも明日はなんと我々Ariesのミニアルバム『ツナガリノオト』が発売される(なんとか間に合ったという感じですけどね)というなんともプレミアムなライブになってしまいました。今年も慣れない慣れないと言い続けながら意外に多くライブをやった1年、だんだん楽しさがわかってきた頃なのかライブをやりたくて仕方がなにのよね。明日のライブは今年最後のお祭りなので大いに盛り上がってくることにします。

さて、明日発売のアルバム。実は自分名義のアルバムは意外にも初のこと。今まで記念版的に舞台が終わった時とか、営業用のサンプル的な物は沢山作って来たんだけど、こうしたちゃんとした(というのも変な言い方だな)ものは初めてのこと。Ariesを始動してから1年半。オリジナル曲もすごい勢いで増えておりまして、まあまあ評判もよろしく活動しているワケでございます。今回のアルバムはそんな活動の中2人でコツコツ作り溜め、録り溜めてきた選りすぐりの5曲が収録してある記念すべきファーストミニアルバムなのでございます。自分的にはアレンジもガッツリやっちゃってますし、アコギもエレキもマジ弾きしてますし、更にピアノまで弾き倒しております。是非是非聴いてみてくださいな。明日会場にて発売いたしますし、今後はmusic.jp、iTunesなどでもダウンロード販売して行く予定ですが、CDをご所望の方がおりましたらご連絡くださいませ。

明日は久々に自転車に乗りたいぞ。
午前中なら時間が取れるのでちょこっと走ってこようーっと。
d0135694_0241690.jpg

by studio-junosam | 2011-12-22 23:59 | DIARY | Comments(2)

かぜのなか               11.12.21

咳も出てきた。鼻を中心にした半径3センチ近辺がぐじゅぐじゅで痛苦しい。
そのせいで頭痛までしてくる有様。うー、首から上を全部取り替えたい。こりゃ確実に風邪だ。
ま、熱がないだけ良いっちゃあ良いが、このダルさはなんとかならんもんかの。

そうそう。ダルいと言えばダルビッシュだよ。
レンジャーズが交渉権を獲得したというニュースを聞いてかなり嬉しくなっている。レンジャーズと言えば現在上原や建山が在籍しており昨年と今年のアメリカン・リーグを制覇した強豪。個人的にも球場の建て替え・移転記念の置き時計を持っていたりもするかなり馴染み深いチームだ。オーナーはザ・エクスプレスの異名を持つあのノーラン・ライアンだしね。うまいこと交渉がまとまって入団してもらいたいところだ。レンジャーズ・ボールパークは確かにホームランが出やすい球場でピッチャーには相当不利なデータが出ているのだが球速が速くて球種が豊富な彼ならやってくれますよ。ストレート、フォーシーム、ツーシーム、ワンシーム、シュート、数種類のスライダー、球速の違う数種類のカーブ、カットボール、チェンジアップ、フォーク、SFFなどなど、良くまあこれだけ投げられますこと。かなり期待大。来年度のメジャーも楽しみでございますね。

さて、今日はこれから今回のプロジェクト最後のレコーディング。
久々の夜録音なのでしばし仮眠いたします。
なんか長くかかりそうだなあ(^^;;
d0135694_152154.jpg

by studio-junosam | 2011-12-21 14:35 | DIARY | Comments(0)