作曲家 石山理のブログです 2017.10.18.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44
> オレさん ありがと..
by studio-junosam at 01:18
しゅーくにーむさん お..
by studio-junosam at 00:52
お大事になさってください..
by しゅーくにーむ at 07:25
ここは東京なのに山形の実..
by studio-junosam at 04:24
しゅーくにーむさん ご..
by studio-junosam at 18:11
劇場でお見かけ致しました..
by しゅーくにーむ at 00:39

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
自転車・バイク

画像一覧

あめふりにおもふ                 09.11.02

久しぶりの雨。
やはりこの季節はひと雨毎に確実にかつ急激に寒くなっていくようである。
なんとなく物悲しく人恋しい季節。色んな暖かみを感じながら来るべき冬に備えたいと思う。

人恋しいと言えば…。
今週末、仕事で伊豆に行くついでに20年ぶりで懐かしい人と会ってくる。
俺は伊豆には仕事、プライベートを合わせ年に2.3回は行く。その都度彼の働いているダイビングショップの前を車で通り過ぎては会いたいと思っていたのだが、これまでお互いのスケジュールが合わなかったり時間がなかったりで会えずにいた。それが今回強引に3時間ほどではあるが旧交を温めることができそうなのだ。

考えてみれば今年は久しぶりな人と会う機会が多かったように思える。
仕事仲間、田舎の旧友、親戚、学生のころのバイト仲間…。
会いたいと思っていてもお互い「照れ」があって連絡を遠慮し合っていたり、連絡先すらわからなかったりとの理由で会えずにいた仲間と再会できたというのは本当に嬉しい限りだ。

『かなでかなえLadies〜つながり〜』のライブも先日無事に終わった。
「はじめは小さな人と人とのつかがりだったのがだんだん大きくなってこうしたライブができることを嬉しく思う」と語っていた戦友・水野里香の言葉通り、仲間との絆はかけがえのない大きな財産であり俺の人生の糧である。

みなさんこれからもよろしくたのみます。
d0135694_22595082.jpg

# by studio-junosam | 2009-11-02 23:01 | DIARY | Comments(0)

寒くなりました                  09.10.30

今週の下馬伝言板のお題は「紅葉のおすすめスポットを教えてください」。
地域の交流黒板ぶりを相変わらず十分に発揮しており、各々の自慢のスポットが情報誌よろしく多数書き込まれていた。日光、上高地など地方の有名どころが見受けられたが、都内で言うならば個人的には六義園、神宮外苑、清澄庭園あたりがおすすめである。

山形と宮城の県境にある笹谷峠。
一週間前に走った時は6割程度の紅葉であった。とは言うものの、両側に迫り来る山並みの紅々としたそれは時に点描画のようにやわらかく、時に色彩の奔流する抽象画のように力強く深まり行く秋の趣を間近で楽しませてくれたのであった。
近場に住んでいる諸氏、ちらっと行ってみてはどうか?

さて。
かねてより11月は休業月にしようと目論んでおったのだがどうもそんな悠長なことは言っていられなくしまうようだ。来年早々の仕事を今から始めないと間に合わなくなりそうだし、何よりも今抱えている諸々の案件がまだまだ終わりそうにないし…。8月のライブが終わってからというもの、「この仕事が終わったら遊ぶぞ!」と常々思い続けているのだがそんな状況が続いておりいまだ思いっきり遊べてない。きっと今年もこんな状態のまま12月に突入してあっという間に年を越してしまうような気がしてならないのだが…。

何はともあれこれから1週間が取りあえずの「山」。
連日のスタジオワークに耐えうるべく栄養ドリンクも買い込んだし、足先あったか遠赤外線靴下も用意万端整った。

よっしゃ。
そろそろアクセルをもう一段踏み込むとしますかな。

d0135694_0515528.jpg

# by studio-junosam | 2009-10-30 00:56 | DIARY | Comments(2)

揺れ                       09.09.06

久しく行ってなかったもんで敢えて秋っぽい曇りの日を選んで海に行ってきた。
腰越駅を過ぎ左にカーブした途端に見えてくる海には毎回興奮させられる。
盆地育ちの自分にとって海はいつまでたってもやはり特別な場所だ。
物思いに更けてみたり、考え事をしてみたり、歌ってみたり寝てみたり…。
ひとりの時間を過ごすには格別の場所なのである。

音楽を作っていると時々わからなくなることがある。
ひとりよがりで自己満足だけになっていないかどうか。
作った楽曲がちゃんと「生きて」いるかどうか。

オレの場合こうした心配ごとのほとんどは「リズム」に起因するのだ。
旋律と和音が大丈夫であるということには自信があるのだが、こと「リズム」に関してとなると時々不安になってしまう。例えばすべての作業を打ち込みのみで行っているときなどはその思いは顕著に表れる。
「ちゃんと揺れているのだろうか」と。

数字では決して表現しきれないリズムの「揺れ」、つまり心の波長。
楽曲がダイナミックになればなるほど気になって仕方がないのだ。

「規則正しいリズムなんてないのだ」
そう教えてくれた師匠の本意を思い出しながら作った曲群を改めて聴いてみる。
んー、イマイチ「生きて」ないな。

「メトロノームの右端と左端、そこだけが正しいリズムの位置ではないんだ。その間にある無数のリズムこそが大事なところなんだ」
そんな言葉も思い出してみたり。

よし。
もいっかい作り直そ。
d0135694_143117.jpg

# by studio-junosam | 2009-09-06 00:46 | DIARY | Comments(4)

音楽はすばらしい                 09.08.28

まつりが終わったら一気に秋の薫りが漂い始めた。

このところの朝晩は涼しいを通り越して寒いくらい。一昨日まで愛用していた肌掛けだけでは物足りなく昨晩からは薄手の掛け布団にシフトチェンジ。今年もこうして夏が終わっていくのかと思うと物悲しくなってしまう。

先日行われた二本柳一明さんの結婚パーティー。
彼らしい「みんなに喜んでもらいたい」という心配りも憎たらしくとても幸せな気分にさせられた素敵なパーティーであった。奥様へのサプライズライブでは彼を慕う素晴らしいミュージシャンが勢揃い。蒼々たるメンバーの歌と演奏にも包まれてオレたちも至福の時を過ごさせてもらった。

音楽を仕事にしていて良かったと実感することが多いこのところ。これからも真摯に向かい合っていきたいと改めて思い直した次第だ。

10/1〜4に上演予定の『GHETTO』、11月のゆーりんプロアトリエ公演、これらの音楽をはじめとしてこれからしばらくはまたあれこれ制作の日々になる。
いま自分ができ得ることをひとつひとつ丁寧に。
躊躇している時間はないのだ。
d0135694_19472643.jpg

# by studio-junosam | 2009-08-28 21:18 | DIARY | Comments(6)

かなでたかなえた                 09.08.20

超満員の大盛況で幕を下ろすことができた昨日の「かなでかなえ」ライブ。
今回も大勢のお客さんに来ていただき、聴いていただき本当に嬉しかった。
このライブのために忙しい中時間を割いてお越しいただいたみなさん本当にありがとうございました。

水野里香ちゃんと「何かやろうよ」で始まったこの『かなでかなえ』。2回目にしてこんなに大きくなってしまった。今回は大掛かりで盛りだくさんの楽しいライブであったと思うのと同時に、メンバーはもちろんだが多くのお客さん、スタッフ、お手伝い、有志、色んな人に支えられているんだと改めて実感したライブでもあった。みんなに心から感謝多謝。ほんとにありがとう。

「自分で弾けばいいんですよ」
そう言ってくれたヤツの言葉が意外と深く心に残っている。
これからも自分の音楽は自分で発信していかなければいけないと思うと武者震いがして楽しみなのだ。かなでかなえを通して出会えた色んな人との縁はこれからもオレの音楽家人生の中で最も大事な縁になっていくのであろうな。

まだまだいくよ。
このメンバーはこんなもんじゃあない。
d0135694_22384279.jpg

# by studio-junosam | 2009-08-20 22:04 | DIARY | Comments(8)

なつまつり                    09.08.16

1週間に1度担当が回ってくる「かなでかなえ」のブログも疎かになってる。
忙しさにかまけて色々サボってしまっている今日この頃。マズイマズイ。

温泉宿にて父親の喜寿のお祝いをするということでリハーサルと締め切りの合間を縫って強引に帰省してきた。ウチの家族と妹家族と親父とお袋。合計9名は予想通りにぎやかだ。前日まで悪かった天気もその日だけは快晴になるというまさにお祝い日和。滅多に見られない「お釜」も拝めたし久しぶりに大所帯でのイベントを満喫してきた。

しかしながら…あと3年で傘寿の祝い…。
日本では年を取ると祝い事が短期間で訪れる仕組みになっているようだ。
お金貯めとかなきゃ…。

それはそうと。
かなでかなえライブがあと3日後に迫っている。
先週から始まったリハーサルは個人的課題は多いがとても充実していて最高に楽しい。自分を向上させるには自分よりもスゴイ連中とやらなければいかんと思うし、できないかもしれない課題を与えられた方が次に繋がっていくことになるのだと思っている。そういう意味からもこのメンバーといっしょに音を奏でられるというのはオレにとってとても幸せなことなのだ。
心地よい緊張感と大いなる期待感と。

それにしても今回もチケットがよく売れている。
予想数を越えてなお問い合わせが来ているようだ。
それだけ大勢にオレたちの音楽を聴いてもらえる、ということ。
ありがたい。本当にありがたい。

当日は気持ちも体調も万全に最高のパフォーマンスができるようにしなければ。
慣れないステージではあるが存分に楽しんでやろうと思う。

いざ。
d0135694_21352388.jpg

# by studio-junosam | 2009-08-16 21:36 | DIARY | Comments(6)

みち                       09.08.01

奈良での仕事を終え帰京前に歩いた「山之辺の道」。

奈良盆地の東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように続く日本最古の国道沿いには柿本人麻呂や額田王の万葉歌碑や多くの古墳が点在していて天理〜桜井の16Kmはあっという間の6時間。古道は時に山あいの山道となり、時に田園の中を行くのどかな野道となり、さらには遠く二上山を望む雄大な景色となって全く飽きることがなかったし、数多くの歴史人が歩いたであろうその道を踏みしめるたびに神話の世界へいざなわれていくようでもあった。

東京を出発する前に奈良出身の友人に教えてもらった古代紀行。
今回は時間もなかったので勉強することもできず何の予備知識も持たないままいきなり歩いてしまったわけだ。道に迷いいつしか民家の庭先のようなところを歩いてしまったりしても「おにいさんの探してる道はあっちだよ」「ありがとう。ごめんやっしゃー」で済んでしまうし、休憩所のおねえさんとは一時間近く話し込んでしまうし、家の前で立ち話しているおじいさんからは冷たい水があるから飲んでいけと勧められるし。とにかく充実のプチ旅であった。

本来の目的である舞台も現地スタッフの方々の素晴しい仕事ぶりのおかげで無事に初日を迎えることができた。こちらの意図を汲み素早く作業にとりかかる姿には頭が下がる思いだ。素晴しいパフォーマンスを見せるために限られた時間の中で最前を尽くしている姿勢には胸を打たれるばかり。
今日で半分が終わった。
残り半分、役者もスタッフも怪我なく無事に千秋楽を迎えてもらいたい。

さてオレはまた締め切りの日々だ。
構想をふくらませるだけふくらませておいた曲。
とりあえずコイツを明日朝までなんとかせねばならん。

さて、
やるかっ。
d0135694_027674.jpg

# by studio-junosam | 2009-08-01 00:35 | DIARY | Comments(5)

ネコの手も借りたい                09.07.22

夕暮れ時の東の空に二重になってきれいな弧を描いていた虹。
サプライズ的な天体ショーは大歓迎。得した気分になるのはオレだけか。
そういえば今日は46年ぶりの皆既日食だ。晴れてくれるのを祈るのみである。

『ブレーメンの音楽隊』の東京での最終稽古も無事に終わった。
先日のプレビューも好評だったし役者の仕上がりもとてもいいしこれで気持ちよくかなりイイ感じで奈良に乗り込める。ただ今回は10日間でで29ステージ、1日3ステージのハードスケジュールなのでいくら上演時間が短いとはいえ役者の体調がどうしても気になってしまう。
何事もなく無事に千秋楽を迎えてもらいたいと切に願うのみだ。

話は変わって…。

最近よく作曲している夢を見る。
時には作曲と同時に編曲も出来上がってしまって更には完成した音をステレオで聴いている、そんな夢のような夢を見るのだ。オレは夢を見ながら「はは〜ん、これは夢だな」と意識できるタイプらしく、曲が出来上がってステレオで聴いている夢を見ていても「これはイイ曲だ。目が覚めるまで覚えておこう」と冷静に思えたりしてしまうのだ。なので、夢で作った曲を目が覚めてから思い出し実際に音に出して再び(?)作っていく。そんな芸当が普通にできるようになってしまった。

酔っぱらった時にはシーケンスを走らせっぱなしにしておくといつの間にかセンスのいいフレーズを弾いていることもしばしば。自分の意識と離れたところでもうひとりのオレが曲をい産み出しているような変な感覚。自分なんだけど自分じゃないような…。

そうやって出来た曲は意外にも好評だったりするので更に複雑な気持ちなのである。こうしたことは仕事が立て込んで忙しく切羽詰まった時によく起きる傾向にあるように思える。今日も結構いっぱいいっぱいな心持ち。もしかしたら明朝にはまた1曲誕生してしまうかもしれない。

よろしくお願いしましたよ、オレ!
d0135694_230570.jpg

# by studio-junosam | 2009-07-22 02:33 | DIARY | Comments(12)

神様のいない夏のはじまりについて         09.07.16

梅雨も明け今年も本格的に夏が始まった。
関東地方はカラ梅雨だったような気もするが今のところ利根川水系ダムの貯水率は90パーセントほどあるらしいので取りあえずは安心といったところか。

今週は比較的ゆっくりした時間が持てているのだがそういう時に限って仕事がはかどらない。昼過ぎくらいからゆっくり始動し部屋にこもってみるのだがなかなか音楽の神様は舞い降りて来てくださらない。あれこれ締め切りが迫ってきているのになんと薄情な神様か。これは自力で絞り出すしか打つ手はないようだ。

それならば、ということで…。

今日は徹夜とプレスコで疲れちまったので早めに寝てしまうことにする。
明後日の締め切りがひとつあるのだけれどこんな時はおそらく何も出てこない。
無理矢理絞り出して曲を作れないことはないのだが、今抱えている曲群はそうした作法で産み出したくないのだ。気持ちが乗ってきて自然に産み出せるまで、ギリギリまで待ってみようと思う。難産は難産なりにいい曲であるというのが経験則でわかっているし。

しかしながら今日のプレスコは超スーパーヘビーレコーディング。
ひとつ間違えると「やっつけ」になってしまう可能性もあった。
しかしながら役者さんひとりひとりの意気込みと集中力と技術で何とか無事に仕上げることができたことは大きな成果だ。明日からの稽古はラストスパート。
これからは怪我をしないように、体調を崩さないように、そして喉を痛めないように十分気をつけてもらいたいところ。

暑いけれど気持ちのいい毎日。
外出用の水筒も500mlから1000mlにパワーアップしたし、いつでも風呂に入れるように携帯用の石鹸類も新調した。本格的に始まった、夏。みなさんもバテないよう、溶けないよう、グダグダにならないよう、水分補給もよろしく楽しく過ごして参られよ。
d0135694_23124068.jpg

# by studio-junosam | 2009-07-16 23:10 | DIARY | Comments(6)

あきるまであるく                 09.07.10

俺の周りは最近かなりの健康ブームである。
ダイエット、自転車通勤、朝の散歩、マラソン、水泳…。
あげればキリがないくらいにみんな何かしら「動いて」いる。

普段俺も体を動かしている方だと思っていたのだが連中の運動量には到底かなわないことを実感。ということで、負けず嫌いの俺は歩くことにした。最近腹周りも気になるし、体力もつけたいし、ちょうどいいきっかけもあるし。

普段から時間があれば六本木から経堂まで歩いてみたり、新宿から日比谷まで歩いたり、よみうりランド前から鶴川まで歩いてみたりと結構歩いているのだが、あくまでもそれは「時間のある時に」歩いているのだ。普段の仕事上どうしても運動不足になりがちなのでこれをきっかけに今後はちゃんと歩くための時間を作ろうと思う。

歩いていると思わぬ風景に出会えるし、曲のスケッチもいくつかできるし、頭の中で整理がついてない事を順番立てて理論的に考えられるし。道草も寄り道も大いに結構。清々しい空も広がっているし、とにかくあれもこれもいいこと尽くめではないか。

てくてく。
d0135694_125246.jpg

# by studio-junosam | 2009-07-10 01:25 | DIARY | Comments(6)