作曲家 石山理のブログです 2019.08.24.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

> 藤田 周さん こち..
by studio-junosam at 15:34
お疲れ様です。 「サン..
by 藤田 周 at 22:04
> さとしさん まだ1..
by studio-junosam at 15:05
兄貴... 弱すぎ....
by さとし at 23:38
> さとしさま 似て非..
by studio-junosam at 02:39
なか〜〜ま♪
by さとし at 00:08
JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

タグ

(921)
(117)
(109)
(85)
(81)
(64)
(62)
(60)
(56)
(55)
(51)
(48)
(48)
(47)
(44)
(40)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(34)
(34)
(33)
(29)
(28)
(28)
(27)
(27)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)

山形おわり

おはよう山形。
雨の予報だったのに嬉しい裏切り。とは言え、北風がものすごくて一歩外に出ただけで凍えるような寒さ。さすが北国の北風は本気度ハンパないっす。
d0135694_18471019.jpg

実家のすぐそばにある昔よく遊んだ公園の紅葉具合がものすごい。ここが秋になるとこんなに鮮やかになるなんて知らなかった。植えてある木々は当時から変わってないはずなので、ただ単に自分がそれに気がつくようになっただけの話なのだが。
d0135694_18471118.jpg

d0135694_18471293.jpg

d0135694_18471383.jpg

今日は両親がそれぞれ急用が入ってしまったので、当初の予定を変更せざるを得なくなった。それでも午前中は空いてるというので、ほぼ開店と同時に庄司屋さんにて早めの昼ごはん。
d0135694_18471382.jpg

今はちょうど新そばの季節。
いい時に山形に帰ってきたもんだ。
こちらの蕎麦はそば粉が10割、つなぎが1割のとわり蕎麦。歯ごたえもしっかりしてるし噛めば噛むほど甘みが出てくるので、初めのうちは出汁につけないで楽しんで、半分以降は出汁にちょっとだけつけて食べ、残り1/4くらいはたっぷりつけて食べる、というのがちゃんとしたお店で蕎麦をいただく時の自分流の食べ方。久々に美味しい蕎麦をいただき幸せ至極っす。
d0135694_18471474.jpg

午後からはそれぞれ別行動。
自分は夜の新幹線を夕方発に乗変し、それまでたっぷり百目鬼温泉アゲイン。
d0135694_18471516.jpg

日曜日ということでお昼でも混んでる混んでる。北風が強いため露天風呂に入ってくる人は少なかったので自分的には良かったんだが、内湯の混み具合はものすごくて気の毒なくらい。まあね、これだけ寒いと露天風呂よりも内湯の方が湯温も高いわけだから仕方ないのかもだけどね。でも自分は、あったまって→寒風で冷やして→あったまって→寒風で冷やしてを繰り返すことによって、温泉のあったか保護成分みたいなもの、ホカホカ玉みたいなものが体の芯に染み込んでいく気がするのでそうしているわけだ。煮て冷やすことによって味が染み込むという煮物の理論と一緒だな。
d0135694_18471542.jpg

ガタゴト各駅新幹線で帰京の途へ。
d0135694_18471674.jpg

無事に帰宅。
心なしか喉が痛くて寒気もする。
まさか百目鬼の寒風がやばかった?(^^;;
d0135694_08242022.jpg

by studio-junosam | 2016-11-06 23:43 | Comments(0)