作曲家 石山理のブログです 2019.08.20.更新


by studio-junosam

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

INFORMATION
DIARY
PROFILE
WORKS
LINK
PAST DIARY
PHOTO

最新のコメント

> 藤田 周さん こち..
by studio-junosam at 15:34
お疲れ様です。 「サン..
by 藤田 周 at 22:04
> さとしさん まだ1..
by studio-junosam at 15:05
兄貴... 弱すぎ....
by さとし at 23:38
> さとしさま 似て非..
by studio-junosam at 02:39
なか〜〜ま♪
by さとし at 00:08
JPさま 譜面に書き込..
by studio-junosam at 09:04
あたしゃプレイヤーとして..
by JP at 23:57
さとし様 いやーマジでい..
by studio-junosam at 11:05
くれないっす...m(_..
by さとし at 20:44

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

タグ

(921)
(114)
(109)
(85)
(80)
(64)
(62)
(60)
(56)
(55)
(51)
(48)
(48)
(47)
(44)
(40)
(38)
(37)
(36)
(36)
(35)
(34)
(34)
(33)
(29)
(28)
(28)
(27)
(27)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)

タグ:旅行 ( 14 ) タグの人気記事

くるり

おお。またもや嬉しい裏切り。
ちょっと遠出するのでこのままどうか晴れてください。
d0135694_22005315.jpg
朝から木更津まで。東京駅から高速バスで1時間足らずで来られるなんて。木更津、意外に近くて驚いた。
d0135694_21515821.jpg
せっかくなので仕事前に散歩。駅からすぐの中の島大橋からは自衛隊の木更津駐屯地がよく見渡せると聞いたので行ってみた。
d0135694_21520058.jpg
ここ、日本一高い歩道橋らしく駐屯地どころか東京湾を一望できる。こりゃあいい景色だ。
d0135694_22090529.jpg
ちょっと歩いて少し早めのランチ@スーパー回転寿司やまとさん。
d0135694_21520281.jpg
さすが噂通り、ここはただ者ではない。寿司のネタがとにかく新鮮で身も厚くプリプリしてるの。こんな寿司をこんな値段でいただけるなんて申し訳ないほどだ。駐車場に他県ナンバーの車が多く停まっているのも納得。お店の方もものすごく丁寧だったし、ここは再訪必至の名店だ。
d0135694_21520528.jpg
こんな切符を買うのは久しぶり。
久留里線はパスモが使えないというのが嬉しいじゃないか。
d0135694_21520744.jpg
目指すは久留里。
d0135694_21525734.jpg
キハE130系気動車。久留里線は非電化区間なので必然的にディーゼル気動車になるんだが、ステンレス製の新型というのはなんだか新旧の技術が織り混ざっていて面白い。国鉄車の気動車と違って重油の匂いこそしなかったけど、加速時のディーゼルエンジン特有の頑張り音がそのままなのが嬉しいね。
d0135694_21525935.jpg
木更津から40分で久留里到着、
d0135694_22355123.jpg
からの、駅から徒歩3分で今日の目的地、久留里町家珈琲さん。
d0135694_21530221.jpg
こちらは旅籠だった建物を改築した珈琲店。こちらのオーナーさんからこの店を使って何か久留里の町を盛り上げる催しができないかというご相談を受けたので今日はその打ち合わせと下見なのだ。
d0135694_21532013.jpg
宿泊部屋の仕切りを全て取っ払った8畳+6畳+8畳+縁側+広縁のスペース。さて、ここで何をやるか、だ。一度きりではなく継続して将来的にも長く続けていけて、更に町の人も巻き込んで活気ある何かしらの企画。自分の持ち札は限られているけど、面白がってくれる仲間はたくさんいるので、彼らを巻き込みながら何か面白いことを考えてみようと思う。興味のある人は挙手してください。どんどん巻き込みますよー。
d0135694_00174511.jpg
再びの久留里線。汽車の中は下校時の高校生で超満員。教室の雰囲気そのままの中に居づらさを感じながらも、高校生に戻ったようなそんな懐かしさも感じつつ木更津到着。
d0135694_00222122.jpg
せっかくここまできたんだもの、一度は行ってみたかった場所に行ってみよう。時間的にもちょうどいいはず。上手くすれば本物以上に素敵な風景が見えるかもしれない。ということで、日本のウユニ塩湖・江川海岸
d0135694_00405771.jpg
天気も海の凪もイマイチな条件だったが、それでも沖まで続いている海中電柱の不思議な風景を見ることができた。次回はもっと条件が良くなりそうな時を狙って行ってみよう。
d0135694_00392683.jpg
夕食はOcean Table Cafe
d0135694_00355942.jpg
この辺りでまさかの電池切れ。バッテリーを忘れて出かけてしまったのでこの後の写真がないのはご愛嬌。

帰宅後、おきまりの抱擁をしててっぺん前におやすみなさいない。さすがにくたびれた。
d0135694_00464739.jpg
上の写真を加工してみたら少しいい感じになったので本日のシメに。ほんとはこんな生風景がみたいのよね。
d0135694_21595853.jpg

by studio-junosam | 2019-06-12 23:59 | DIARY | Comments(0)

山に行って来た

予報では一日雨だというから相当覚悟していたのにまさかの嬉しい裏切り。
d0135694_12302042.jpg
出発する頃には曇り始めてきたけれど、なんのなんの、これくらいで済んでくれるのなら御の字だ。

連休中の中日は車も少なくてスイスイ。
d0135694_15511745.jpg
自宅から1時間ちょっとで道志村到着。
道志川のオートキャンプ場の更に奥に住んでる義理の叔父宅。ここに住んでもう18年。住み始めたばかりの頃は電気も水道も、もちろん携帯の電波も届かずほぼ原始的生活をしていたわけだけど、今では快適な田舎暮らしを堪能している様子。
d0135694_12302264.jpg
みんなで軽くトレッキングなど。
d0135694_12302522.jpg
マイナスイオン浴びまくりで気持ちが良すぎる。今年の冬は雪が少なかったようで湧き出る水の量も少ないんだとか。
d0135694_16015182.jpg
わずか3時間くらいの滞在だったけどものすごくリフレッシュできた。人の心を簡単に浄化してくれちゃう自然の力ってのはほんとにすごいと思う。また遊びに来よう。
d0135694_16041260.jpg
 道の駅で豆乳きな粉ソフトクリーム。
美味しくないわけがないです。
d0135694_15551357.jpg
今晩は山で取って来たこごみの天ぷらで。
やっぱ山はよろしいね。
d0135694_16060634.jpg


by studio-junosam | 2019-05-01 23:59 | DIARY | Comments(0)

静岡2日目

おはよう島田。
降りそうだけど必至に堪えてる感じ。
d0135694_14500012.jpg
期待してた朝食バイキングは期待以上だった。特にお茶漬けとか出来立ての豆腐とか豊富な野菜とか、これはかなりレベルが高いのではなかろうか。
d0135694_15134799.jpg
CANDEO HOTELSは都内にもあるようなので財布に余裕がある時は利用してみよう。
d0135694_15441250.jpg
おたけせんべいでお土産ゲットして
d0135694_15462446.jpg
藤まつり開催中の蓮華寺池公園。
d0135694_15523663.jpg
園内あちこちにある藤棚が見事だ。
d0135694_15533676.jpg
でも藤ソフトはちょっと、というか、かなり残念。
d0135694_15550117.jpg
園内に出店してるお茶屋さんで新茶の詰め放題。藤枝産のものとなぜか知覧産のものを400gずつゲット。これで当分の間お茶っぱに困ることはない。
d0135694_16265425.jpg
これは偶然なのか呼び寄せられたのか。
実はこの公園に併設されている藤枝市郷土博物館・文学館には亡くなった義父が製作した彫刻作品が展示されているのだった。この公園に来るまでその事を忘れていて、公園の案内板を見て思い出し訪れたという。なんだか義父に怒られそう。館内は撮影禁止なのでここには掲載できないが、御宿にある月の砂漠記念公園にあるこの彫刻の縮小版が展示されているので、行く機会がある方はご覧になってみてください。
d0135694_16373620.jpg
帰りは事故渋滞2箇所と故障車渋滞が2箇所の渋滞地獄にはまって往路の倍近くかかって帰宅。もうクタクタでたまらない。GWに車で遠出してはいけないということを身にしみて感じつつ速攻でおやすみなさい。
d0135694_21223419.jpg


by studio-junosam | 2019-04-29 23:59 | DIARY | Comments(0)

静岡1日目

晴れて良かった。
ここ何年も行ってなかったので今日は静岡までお墓詣りに行ってきます。
d0135694_10291489.jpg
覚悟してたのに大きな渋滞もなくスイスイ流れて快適。新東名の新静岡〜森掛川は120km/hで走れるのて気持ちいい。
d0135694_21343286.jpg
2時間くらいで藤枝到着。
19年前に亡くなった義理の父ちゃんこんにちは。
d0135694_10341286.jpg
メインイベントの後はゆっくりぶらぶら。
玉露の里では当然、玉露ソフトクリーム。
d0135694_10404565.jpg
川が流れてる山沿いの里。時間がゆっくり過ぎていくこの感じは時々ものすごく欲してしまう。これは自分の原風景のひとつなんだろうなー。
d0135694_10404721.jpg
静岡に来たんだもの鰻を食べなきゃ@八木秀さん。
d0135694_13240852.jpg
こちらの鰻重のメニューは質も量も全て均一なんだが、サイドメニューに何が付くかで値段が変わってくる。ので、純粋に鰻重だけを食べたい場合は一番安い梅で十分。今日いただいたものはふっくらで脂のりも良く、タレも甘さが控えめなので鰻本来の香りと美味さが堪能できて大満足だった。お店の方の接客も丁寧で気持ちがいいしここは大当たり。また立ち寄るためにも時々お墓参りに来よう。
d0135694_13241212.jpg
本日の宿。CANDEO HOTELS 静岡島田さんにチェックイン。お世話になります。決して贅沢な感じではないけれど設備も充実してて接客も丁寧で気持ちがいい。サウナも水風呂も完備してるし屋上にあるスパも熱めで自分好み。こうなると明日の朝食バイキングもものすごく楽しみになるね。
d0135694_14063746.jpg

by studio-junosam | 2019-04-28 23:59 | DIARY | Comments(0)

かなり楽しかった

森の中の朝は寒い寒い。
雪にならなかったのがせめてもの救い。
d0135694_18021087.jpg
まずは山中湖を見に行こう。
何年か前に立ち寄った山中湖交流プラザきららからの勇姿。前に来た時は湖面が凪いでたから逆さ富士が見られたっけ。今日は風も強めだからそれは無理だね。
d0135694_18160236.jpg
昼はほうとう不動東恋路店さん。
d0135694_18035764.jpg
いくつかある店舗の中からここをチョイスしたのは、もちろんこの独特な作りが気になって。
d0135694_18035907.jpg
煮込まれた野菜の甘さがたっぷり染み込んだもちもちのほうとうが素晴らしく美味い。食べているうちにどんどん崩れていくカボチャがスープに溶け込んで味が変わってくるし、七味を入れれば味が締まるし、一度で色んな味を味わえるのも楽しい。相変わらず量も多いし大満足だ。
d0135694_18040237.jpg
そして河口湖。
お昼から晴れてきたし風もおさまってきたので河口湖の逆さ富士を期待したんだけど、、、本気の凪ぎじゃないとダメみたいだ。
d0135694_18380374.jpg
帰りの途中で思い出して急遽立ち寄り@山梨県立リニア見学センター。もうわくわくが止まらない。
d0135694_21244299.jpg
実際に試験線で走行していた車内に入れるというのは相当な感動もの。神聖な気持ちになってから乗車しなければ。
d0135694_21275477.jpg
意外に狭いのでちょっとびっくり。感覚的には今ある在来線の車内とあまり変わらない大きさだ。営業運転用は座席の頭上に飛行機のような荷物入れが設置されるようなので、そうするともっと狭く感じるかもしれない。
d0135694_21281562.jpg
目の前を500km/hですっ飛んでくリニアが見られるようなので展望スペースに行ってみると誰もいないではないか。これはラッキーだ。
d0135694_21390094.jpg
なんで今日だけ走らんの?
d0135694_21412293.jpg
高倍率の抽選制、しかも有料だけど乗車体験もやっているようだ。これはもう申し込むしかないっしょ。誰か一緒に行かない?
d0135694_21471457.jpg
事故渋滞に巻き込まれながら倍以上の時間をかけて帰宅。時期的なこともあって体力的にはキツかったが、久々の休暇らしい休暇が取れたので心がかなり健康になった。このイベントは恒例にしなきゃならんな。
d0135694_21545798.jpg

by studio-junosam | 2019-02-24 23:59 | DIARY | Comments(0)

昨年に引き続き

2、3日前の予報では雪が降るかもしれない、なんて言われてたが、さすが晴れ男、見事な旅行日和になった。
d0135694_16515893.jpg
昨年味をしめた記念旅行を今年も決行。行き先は同じだけどルートは昨年と反対周り。
d0135694_16544001.jpg
渋滞もなく1時間ちょっとで御殿場到着。
d0135694_16520226.jpg
年に一度の散財日。
d0135694_17293807.jpg
さっきまで晴れてたのに御殿場〜河口湖間では突然の曇り。間近な富士山絶景を楽しみにしてたのに眺めることができず残念。それでも雲の間から一瞬見えたりはするんだが、その一瞬だけでも富士山のサイズ感にはやっぱドキッとする。

途中のCafe de Boulogneさんで明日の朝食用のパンをゲット。森の中にあるものすごく雰囲気のいいレストラン。ランチもディナーもやってるようなので次回利用してみようと思う。
d0135694_03031100.jpg
昨年と同じフジプレミアムリゾートフォレストビレッジさん。お世話になります。今回利用させていただくコテージも広くて開放感があって素晴らしい。全部で何棟あるのかわからないが、全て違う外観デザイン、間取り、広さだったりするので訪れる度に楽しいと思う。
d0135694_16520978.jpg
夕食は昨年もお邪魔したしゃぶしゃぶはやしさん。今年は違う店で焼肉でも、なんて計画もしてたんだが、昨年感動した肉とお値段の素晴らしさを再びということになった。
d0135694_03011141.jpg
今年は豚、富士ヶ嶺ポークをいただいてみた。柔らかいというより弾力がある感じだからしゃぶしゃぶに合うんだと思う。甘みもまろやかだから次から次に食べられてしまって当然のおかわり。これで1人前1980円というのは素晴らしいCPだと思う。
d0135694_11074265.jpg
コテージに戻って映画でも観ようと思ったらまさかのディスクエラー。やる事がなくなったので早めにおやすみなさいなのだ。
d0135694_17570233.jpg


by studio-junosam | 2019-02-23 23:59 | DIARY | Comments(0)

またやろう

おはよう那須。
夜中はずっと雨が降ってたみたいだったけどものすごく気持ちの良い朝になった。この感じもキャンプの醍醐味なんだろうな。
d0135694_18582844.jpg
管理棟では毎朝パンを焼いているというので昨日のうちに予約しておいた。約束の時間に取りに行くと焼き上がったばかりの熱々のパンをいただけた。なんて贅沢な朝なんだろう。
d0135694_18535232.jpg
ゆっくり朝食なんて普段の生活じゃあり得ない。あれもこれも新鮮でとてもよろしい。

昼前に撤収して、
d0135694_20073304.jpg
風呂だ風呂だ@喜連川温泉かんぽの湯
d0135694_20075927.jpg
露天のお湯が好みの温度だったけど直射日光がものすごくて5分ともたず退散。聞けば女湯の方は露天に日陰もあったみたい。それは目隠しなんだと思うが、今日ばかりは男湯の開放感が仇になった感じ。
d0135694_23024559.jpg
美肌になった後は急遽大谷資料館まで足を伸ばしてみることに。
d0135694_21280460.jpg
古墳時代から石櫃に使われていたという大谷石。地下にものすごい広さの採石場の跡があるので早速坑内見学行ってみる。
d0135694_23044326.jpg
おお!
なんだこの広さ!
d0135694_23055688.jpg
写真とか映像では見たことがあったが、これは想像以上のスケールだ。展示資料によると近代化されるまではツルハシを使って手掘りしていたんだとか。掘り方にも色々工夫がされていて、その時代の職人のアイディアと技には驚かされるばかりだ。
d0135694_23090212.jpg
とにかくものすごい。
d0135694_23090448.jpg
d0135694_23514960.jpg
d0135694_23454562.jpg
d0135694_23221585.jpg
いやいや、良いものを見せてもらった。当初の計画ではここに立ち寄ることは考えていなかったんだが強引にでも行ってみて良かったわ。みんなも楽しんでくれたみたいだし。
d0135694_23591071.jpg
帰りは渋滞もなく19時前には無事に帰還。
充実の夏休みその1だった。

そこ、ほんと好きだね(^^;;。
d0135694_00025799.jpg


by studio-junosam | 2018-08-26 23:59 | DIARY | Comments(0)

夏休みします


ちょっと仮眠して夏休み開始。
d0135694_19311246.jpg
今日から友人家族とキャンプに行ってきます。テントを設営して本格的な感じでやるようなのだが、そんな体験は小学生以来なのでめちゃくちゃ楽しみなのだ。
d0135694_19331629.jpg
東北道を北上して
d0135694_19343186.jpg
到着後、早速設営。
大人数で一気にやったらテントとタープの設営はあっという間に終了。こういうのは難しくて面倒だというイメージしかなかったので拍子抜けしてしまった。子供の頃に使ったテントとはまるで別物。こんなに機能的にできてるとは思わなかった。これはいいね。
d0135694_11104841.jpg
よし。
予定より早いけどもうやっちゃいましょうか。
d0135694_12233542.jpg
今晩のメインは牛肉1.5kgのシュラスコ。
d0135694_12300395.jpg
焼いて焼いて、
d0135694_14251511.jpg
飲んで飲んで。
d0135694_12244815.jpg
実はこの家族との旅行は17年越しのイベントだったりする。17年前の9月11日に軽井沢に行く予定だったのに台風直撃→土砂崩れ→通行止め。ホテルからは道が通れないので来ないでくださいの連絡。仕方がないから彼らの家で夕飯を食べてたらあの9.11が勃発。今回はそんな忘れる事ができない日のリベンジなのだ。

気のおけない仲間とのこういう時間はものすごく大事だ。お互いの子供たちも大きくなって皆んなが揃うことは難しくなってきたけれど、年に一度はこうして思いっきり遊ばなきゃいけないような気がする。お互いにその重要性が以前よりもものすごく高くなってると思うし。
d0135694_14533841.jpg
ここは22時には消灯して静かにしなければならないというルールがあるみたいなのでそのように。
d0135694_18181694.jpg
こうなるともうヒソヒソ話もできないので早めにおやすみなさいなのだ。
d0135694_18394191.jpg


by studio-junosam | 2018-08-25 23:59 | DIARY | Comments(0)

オフ終わり

おはよう地中海村。
完全オフも今日でおしまい。
さ、帰ろう。
d0135694_00442357.jpg
の前に、お昼を鵜方駅前の磯っ子さんでいただこう。
d0135694_00442435.jpg
ワラサとサワラとヒラメの刺身盛り合わせ。ワラサって初めて食べたと思ったら、これはブリなんだと。ワラサってブリになる前の呼び名とは知らなかった。
d0135694_00442604.jpg
ホタテとサザエの黄金のツートップ。醤油と酒だけでこんなに濃厚な味になるのは新鮮な素材だからこそ。
d0135694_00442864.jpg
アサリの酒蒸しと名物の手ごね寿司。ちらし寿司のような鉄火丼のようなこちらの地方の漁師飯。漬けマグロが基本のようだが店によって具材とスタイルは色々あるみたい。なんて言われると食べ比べたくなる。
d0135694_00443094.jpg
一昨日からまともに動いてないのに食べてばかり。昨晩体重を計ったら3kgほど増量しててさすがにヤバい。ので、食後に鵜方の駅前あたりを1時間ほど散歩。身近に川がある町って魅力的だと思う。
d0135694_01401205.jpg
帰りも30000系ビスタカーで名古屋まで。
d0135694_01254011.jpg
名古屋の新幹線ホームにいるんだもの、これを食わねば。今日も確実に食べ過ぎなんだが仕方ない。
d0135694_01251619.jpg
たぬききしめん温玉のせ。揚げ玉が湿気ているのはいただけなかったがさっき食べたばかりなのに軽っと完食。もちもちの麺と出汁の効いたスープは立ち食いレベルじゃないね。ものすごく本格的で驚いた。さすがに評判が高いわけだ。
d0135694_01251743.jpg
満腹になって帰宅。晩ご飯はさすがにパスしてひと風呂浴びて仕事を再開。実はここ数日のオフの間にスケッチを書き留めておいたので、今日はそれらを具現化していく作業。さて、どこまで使えるか。

それはそうと、久々に会ったらお腹の毛が抜けてて驚いた。大きな円形脱毛症のような感じなんだが大丈夫なのかしら。
d0135694_20483105.jpg

by studio-junosam | 2018-07-26 23:59 | DIARY | Comments(0)

オフ2日目

おはよう地中海村。
d0135694_10061853.jpg
旅行らしくまずは英虞湾クルーズ。途中で真珠の養殖工場に立ち寄りながら、湾の入り口と賢島を1時間くらいで往復。湾内はずっと凪いでたので船酔いしないで堪能できた。
d0135694_10061969.jpg
下船後、真珠屋さんを見学して、
d0135694_13182607.jpg
賢島宝生苑さんでランチをいただき、
d0135694_14325203.jpg
スペイン村を歩き回って
d0135694_12592990.jpg
汗だくになりながらも楽しく本日の全行程終了。
d0135694_13003703.jpg
仕事してない罪悪感に苛まれつつ、お疲れ様でした。
d0135694_12593184.jpg

by studio-junosam | 2018-07-25 23:59 | DIARY | Comments(0)